アンボイナ

日々のくらしをレポート

生たけのこを簡単に茹でる方法

 

たけのこ、今が旬ですね。

生のたけのこは今の時期しか食べられないので、

ぜひ食べておきたい食材です。

 

しかし、

たけのこは茹でるのが大変!

大きい鍋が必要だし、茹でるのに結構時間がかかるし、とにかく面倒だし。

・・・という理由で敬遠なさってる方も多々いることでしょう。

 

でも、結構簡単に茹でられるんです。

今回でっかいタケノコを2つもいただいたので早速茹でてみました。

 

〈用意するもの〉

・たけのこ 1本

・糠 100g位

・鷹の爪(あれば) 1本

 

大体 生のタケノコを買うと糠もついてきますが、

ない場合はお米のとぎ汁でも代用できます。

 

①まず、たけのこの皮(茶色い部分)をすべて剥いてしまいます。

 ふつうは剥きませんが、剥いたほうが早く茹で上がるので・・・。

 穂先の部分は剥きすぎるとなくなってしまうのでほどほどに。

 

②皮が剥けたら、タケノコを半分に切ってしまいます。

 鍋に入らないような大きいサイズだったら四分の一に。

 

③切ったたけのこを鍋に入れ、水、糠、鷹の爪を投入。

 火にかけて沸騰したら弱火にして30~40分煮ます。

 (サイズによりゆで時間は変わります)

 

④たけのこを竹串で刺してスッと刺さる位で茹で上がり。

 流水で糠を洗い流し、水に漬けてタッパーに保存しましょう。

 

茹で上がった たけのこを味見してみて、アクが強いようなら

水に漬けて1日冷蔵庫で休ませてから料理してください。

 

茹でたたけのこは冷蔵庫で大体1週間はもちます (水は毎日替えましょう)

冷凍は す が入るのでお勧めしませんが、

どうしても冷凍したいよって場合は細かく、薄く切って冷凍しましょう。

調理の際も便利です。

 

今日は茹でた たけのこを早速てんぷらにしてみました。

 

f:id:anboina:20160424001053j:plain

 

たらの芽、サツマイモ、ハム、たけのこ、たまねぎ

ほとんど頂き物!

贅沢な食卓になりました。

 

たけのこは、根元の部分を揚げたので、

とても歯ごたえが良く、風味も素晴らしいものでした。

旬の物って本当においしいですね~。

これは食べなきゃ損です!

初物は長生きできるといいますしね。

(必要以上にはしたくないけど・・・)

 

旦那はたらの芽が気に入ったようです。

モリモリ食べていました。

が、

たけのこは歯が悪いため堅くて食べづらいようです。

ジイさんか。

 

たけのこは色んな料理に使えるのでいいですね。

たけのこごはん、土佐煮、チンジャオロース、酢豚、若竹煮、メンマ、

たくさんあっても使い切れるので嬉しい。

水分量が少ないので、お弁当にも入れやすい優秀食材です。

 

旬のたけのこ、是非茹でてみてください。