アンボイナ

日々のくらしをレポート

今日の弁当と昨日の晩ごはん(魚のアラ活用法)

 

〈今日の弁当〉

ニラ入りたまごやき、かにクリームコロッケ、ウインナ

赤むつ塩焼き、かぶの浅漬け、ごはん

 

f:id:anboina:20160223151052j:plain

 

旦那の好物かぶの漬物。

埼玉で葉付きの良いかぶを買ったので漬けてみました。

適当な大きさに切ったかぶ、塩を適量、輪唐辛子、昆布の切れっ端などを

厚手のビニールに入れて空気を抜いて口をしばり、重しをして1日置けば出来上がり。

漬物類って結構高いし、少量しか入ってないんですよね・・・。

めんどいけど自分で漬けけると、とっても安上がりです。

 

〈昨日の晩ごはん〉

(前半の部)マグロのカマ塩焼き、ネギとしいたけ焼、かずのこわさび漬け

 

f:id:anboina:20160223184325j:plain

 

マグロのアラをいただいたので塩焼きに。

カマの部分なので焼くのに時間を要しますが、

非常に脂がのっていて、引き締まった肉質のため、すごくおいしいです。

生マグロだったらお刺身にするのですが、

これは冷凍で型も小さかったので塩焼きにしました。

 

アラって食べる所が少なくて調理も大変なんですけど、

通常パックで売られている部位とは違ったおいしさがあるんです。

そして、値段も安い!!

よくスーパーの魚売り場で、端っこの方にアラがおいてありますよね。

あれらは大体夕方位になると半額になるので、安い時間を狙って買いに行きましょう。

たとえば、鮭のアラだったら焼いてほぐせば大量に自家製鮭フレークができます。

これは確実に瓶に入って売られているものよりおいしいです。

自家製なので塩分も調整できるし、焼いてほぐして保存すれば1週間は大丈夫。

お弁当に重宝します。

イカのゲソやエンペラなんかは、てんぷらや唐揚げ、大根と煮たり、

酢に漬けて酢いかに、ボイルしてそのままわさび醤油で食べるだけでもおいしいです。

ただ、イカゲソって加熱すると固くなっちゃうので、下処理が大事。

吸盤をハサミですべて切り離し、水に対して3%の塩水に30~60分

つけてから調理しましょう。

 

(後半の部)

マグロヅケとろろ丼、かきたま汁、おしんこ

 

f:id:anboina:20160223193356j:plain

 

マグロは脳天という部位です。頭の頂点の肉で、大トロと同じ位脂がのっています。

最近ではいいお寿司屋さんでも提供する店が増えてきました。

その位おいしい部分なのですが、頭をさばくのがすごく手間なので

昔は捨てられていたんです。もったいないですね~。

 

youtu.be

 

幸い、すでにおろしてある状態の物をいただいたので、

上のマグロ丼のヅケは切って調味液に漬けただけ。感謝です。

 

何でもおいしいものには手間がかけられてるってことですね。

魚のアラ、調理が大変ですが、おいしくて安くてオススメです。